イベントを読み込み中

イベント

2019.02.09 17:00 ~ 2019.02.17 21:00

神里雄大/岡崎藝術座 新作パフォーマンス2019〜いいかげんな訪問者の報告〜

20181106110023-0

2月のCASACOでは舞台演出家神里雄大さんによるパフォーマンスイベントが開催されます。

このパフォーマンスは2月に横浜で開催されるTPAM(国際舞台芸術ミーティング in 横浜)のプログラムにもなっております。

新進気鋭の演出家の手によってCASACOが普段とはまた違う姿を見せてくれることでしょう!

興味がある方はこちらの公式サイトから申し込みください。

 

以下イベントページから抜粋

ーーーーーーー

神里雄大/岡崎藝術座 新作パフォーマンス2019
『いいかげんな訪問者の報告』横浜公演

横浜公演 – 2019年2月9日(土)ー17日(日) CASACO

●横浜公演

【公演日時】2019年2月9日(土)ー17日(日)
9(土)・10(日) 17:00 | 11(月)休演日 | 12(火)~14(木) 12:00 | 15(金)~17(日) 17:00  ※12(火)と14(木)は英語での上演|*15分前より入場可能|
※上演時間は90~120分を予定

【チケット】発売中
<完全予約制> 一般:3,500円 / 高校生以下:1,000円  TPAM参加登録者:3,000円

【チケット購入方法】
岡崎藝術座特設ウェブサイトより(http://okazaaaki.strikingly.com/)*クレジット・コンビニ決済 *TPAM参加登録者は、TPAMページよりお願いします。

◎このパフォーマンスについて

戯曲を執筆するための取材であっても、ぼくは事前に見るもの聞くものを決めて人に会うことはしません。それはぼくが怠け者である…だけでなく、準備しないことで、「その土地のリアル」なものを見つけることができるかもしれない、と思うからです。そうして見つけたものを、自分の社会に持ち帰ることで、自分たちを見つめ直す手助けにもなるんじゃないかと信じています。これをぼくは「いいかげんな訪問者の報告」と呼ぶことにしました。
今回は、南米の地で出会った日系移民たちの話をします。
パラグアイ・アルゼンチンなどでよく食べられるアサードと呼ばれるステーキ付きで。一人150gの牛肉(とおにぎり)です。

神里雄大

◎公演特設サイト
http://okazaaaki.strikingly.com/

**チケット発売中**
<完全予約制> 一般:3,500円 / 高校生以下:1,000円

【チケット購入方法】
岡崎藝術座特設ウェブサイトより(http://okazaaaki.strikingly.com/)*クレジット・コンビニ決済

◎こんな方におすすめ

・海外での暮らしに興味のある方
・旅や移住に興味のある方
・南米に興味のある方
・アサード(南米風のステーキ)に興味のある方
・演劇に興味のある方
etc…

◎別の人生を想像し、自分たちの社会に反映させる

今回、特に2017年に2ヶ月かけて神里が旅をし、出会ってきた南米に住む日本人移民たちの子孫の話をメインに据える。現在の日本人にとって「移民」というと、外から入ってくる外国人としてしか想像ができていないと言うことができる。歴史的に、ほとんどのすべての都道府県から外国への移民があったが、そのこと自体、もはや忘れられてしまったようなところがある。だが、南米に住む日系人たちのことを知ることで、自分たち自身も「移民としての可能性」を考え、これからもっと外国人を受け入れていく日本社会をよりよくするために、この企画は行なわれる。

◎神里雄大プロフィール

1982年、ペルー共和国リマ市生まれ。作家、舞台演出家。10代の数年をパラグアイ共和国、アメリカ合衆国などで過ごす。近年は文芸誌「新潮」に戯曲が掲載され、ソウル、香港、台北、ニューヨークなどで翻訳戯曲が上演(リーディングを含む)されるなど、その作家性に注目を集めている。2006年「しっぽをつかまれた欲望」(作:パブロ=ピカソ)で利賀演出家コンクール最優秀演出家賞受賞。2018年「バルパライソの長い坂をくだる話」で第62回岸田國士戯曲賞を受賞。『亡命球児』(「新潮」2013年6月号掲載)によって、小説家としてもデビュー。2016年10月より、文化庁新進芸術家海外研修制度研修員としてアルゼンチン・ブエノスアイレスに1年間滞在した。
Twitter: https://twitter.com/kamisatoy
Facebook: https://www.facebook.com/yudai.kamisato
Instagram: https://www.instagram.com/kamisatoy/

◎岡崎藝術座プロフィール

2003 年、神里雄大の演出作品を上演する団体として結成。2010年から2012年にかけ、3年連続でフェスティバル/トーキョーに参加。2012年『放屁蟲』(『レッドと黒の膨張する半球体』)で台北アーツフェスティバル(台北)、2016年には『+51 アビアシオン, サンボルハ』でシドニーフェスティバル(オーストラリア)、クンステンフェスティバルデザール(ベルギー)、フェスティバルドートンヌ(フランス)に招聘され、海外公演も多数。神里自身の政治や社会情勢への態度を積極的に作品に反映させながら、わかりあえない他者との共時性をテーマとした作品を発表している。
ウェブサイト: https://okazaki-art-theatre.com/
Twitter: https://twitter.com/okazaki_art_the
Facebook: https://www.facebook.com/okazakiarttheatre