イベントを読み込み中

イベント

  • このイベントは終了しました。

2018.12.05 19:00 ~ 21:00

CASAトーーク〜若手建築家と語る古民家活用の可能性〜

建築トーク

CASACOを建築設計したtomito architectureをお招きし、CASACOについて語るイベントを行います\(^o^)/

建築を学ぶ学生や、コミュニティスペースや古民家改修に興味のある方などぜひお越しください!!

横浜市西区東ヶ丘にある多世代交流スペースCASACOがオープンしてから2年半。

築70年の古びた民家から大勢の人が集まる空間となったCASACOを設計したtomitoの2人とCASACOに住みつつ運営する堀口が改めてCASACOについて話します。

設計時の想いから開かれた空間にするための工夫、そして実は失敗してしまったポイントまで普段は説明しない話もする予定です♪
少人数のイベントなので直接質問をたくさんしてください!お酒片手に話しましょう!

増え続ける日本の空き家が社会問題になり、古民家の活用が注目される今、これから古民家を利用して何かを始めたい人必見のイベントです。

【イベント詳細】
日時:12/5 19:00~21:00
場所:CASACO 横浜市西区東ヶ丘23-1
参加費:1,500円(1ドリンク付き、学生500円引き)
参加人数:20名
連絡先:info@casaco.jp
申し込み:こちらからご連絡ください

●ゲスト紹介
・冨永美保&伊藤孝仁
tomito architecture
冨永美保と伊藤孝仁による建築設計事務所。2014年に結成。主な仕事に、丘の上の二軒長屋を地域拠点へと改修した<CASACO>、真鶴半島の地形のなかに建つ住宅を宿+キオスク+出版社へと改修した<真鶴出版2号店>ほか。受賞・実績として2018年ヴェネチア・ビエンナーレ国際建築展日本館 出展、SD Review 2017入選、第1回JIAデザインアワード優秀賞、第1回LOCAL REPUBLIC AWARD 優秀賞など。